オリックス銀行住宅ローン

オリックス銀行セカンドハウス住宅ローンとはどんなローン?

こちらでは、

 

オリックス銀行が提供している「セカンドハウスローン」の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

オリックス銀行が提供している住宅ローンでは、ローン申込者本人が取得して、本人または家族が住むための住宅やマンションの新築・購入・増改築、住宅用土地の購入、住宅ローンの借り換え、などが主な使い道となっています。

 

従って、いわゆるセカンドハウスの取得のために住宅ローンを組むことができません。

 

 

オリックス銀行では、セカンドハウスの取得を対象にした「セカンドハウスローン」を提供しています。

 

セカンドハウスローンの利用条件は、オリックス銀行の住宅ローンとほぼ同様で、

 

オリックス銀行の東京・大阪・福岡住宅ローンプラザへ来店できる人。
同一勤務先に3年以上勤務している人、
 (自営業の場合は営業開始後3年以上経過している人)
前年度の税込み年収(自営業の方は所得)が400万円以上で、返済期間中、安定した収入
 が見込める人。
団体信用生命保険に加入できる人。
保証会社の保証が受けられる人。
現在の住宅ローンなどの支払いに直近1年以内に延滞の無い人。

 

となっています。

 

年齢条件のみ若干異なっていて、借り入れ時の年齢が満20歳以上55歳未満で、最終返済時の年齢が80歳未満である人が利用条件です。

 

 

セカンドハウスローンの使い道は、自宅の他にローン申し込み者本人または家族が住むために取得する下記の不動産にかかる資金となっています。

 

住宅の新築、購入(中古住宅を含む)、増改築
マンションの購入(中古マンションを含む)
住宅用土地の購入(建築計画がある場合)
上記の借りかえ資金

 

セカンドハウスローンの対象となる建物の建築地は、首都圏(埼玉・千葉・東京・神奈川の各都県)・近畿圏(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山の各府県)・名古屋市・福岡市に限定されています。

 

また、首都圏や近畿圏では、東京や大阪の中心部までの公共の交通機関(電車・バス)を利用した所要時間が、東京でおおむね1.5時間、大阪で1時間以内のエリアとなっています。

 

なお、別荘用地として分譲された土地や建物、リゾートマンションなどは、対象外です。

 

 

セカンドハウスローンの借入金額は最大2億円、借入期間は最長35年です。

 

金利タイプは、変動金利型と固定金利期間特約付変動金利型(3年固定金利特約型/5年固定金利特約型)から選ぶことができます。

 

団体信用生命保険については、加入することが条件になりますが、保険料はオリックス銀行が支払います。

 

また、ローンの保障については、オリックス・クレジット(株)に一定期間保障を委託しますが、保証料を支払う必要はありません。


住宅ローンのおすすめサイト集

住宅ローン審査落ちた理由
住宅ローン審査に落ちた理由を分析し銀行を比較することで、審査基準のゆるい銀行や甘い金融機関を見つけることができます!住宅ローン審査に落ちてお悩みの方におすすめのランキングをご案内します!
www.jutakuloan-ochita.com/