オリックス銀行住宅ローン

オリックス銀行住宅ローンのために準備が必要な諸費用はどのくらい?

こちらでは、

 

オリックス銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅を購入する際には、いろいろな手続を行いますが、それらの中には有料のものもあります。

 

また、住宅ローンを組む場合にも、いろいろな費用が必要になります。

 

それらの費用のことを諸費用と呼びますが、購入する住宅が高額であれば、諸費用も高額になりがちです。

 

また、利用する金融機関や住宅ローンの種類によっても諸費用が変わる場合が多いので、ある程度正確に諸費用を把握しておかないと、住宅ローンの資金計画に影響を与える可能性もあります。

 

 

金融機関によっては、住宅ローンのシミュレーションをWEBサイトで提供していて、毎月の返済額などを見積もることができますが、付随して諸費用も概算値を示してくれるところがあります。

 

残念ながらオリックス銀行のWEBサイトでは、月々の返済額や諸費用などをシミュレーションすることはできないようです。

 

そこで、ローン商品説明書などから、オリックス銀行の住宅ローンで必要になると思われる諸費用を概算してみます。

 

 

モデルケースとして、

 

借り入れ金額を3000万円、返済期間を35年、ボーナス時加算なし

 

とした場合を仮定します。

 

住宅ローンは最も一般的だと思われる住宅ローン【変動金利型】を選択したと仮定しました。

 

矢印3

 

 

1 取扱手数料

 

オリックス銀行では、借り入れ金額の1.05%または10万5000円の高い方の金額を取扱事務手数料として支払う必要があります。
モデルケースの場合、3000万?0.0105=31万5000円となりますので、この金額が取扱事務手数料となります。

 

他の金融機関に比べると、やや高めとなっています。

 

 

2 収入印紙

 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

3 登録免許税・司法書士報酬

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行いますが、登記の際に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4ですから、モデルケースの場合には12万円が必要です。

 

また、登記を行う際に、司法書士が手続きを代行します。

 

一般的には、オリックス銀行が指定する司法書士を利用することが多いと思います。

 

司法書士報酬は一律に決まっていませんが、数万円程度が必要になるものと思われます。

 

 

司法書士報酬を仮に3万円と見積もった場合、上記の諸費用を合計すると、48万5000円となります。

 

他の金融機関では60万円〜80万円程度の保証料が別途必要になりますので、オリックス銀行の諸費用は比較的安いといえます。


住宅ローン金利関連のおススメサイトは?

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローン金利の安い銀行を比較して一番お得な商品をご案内します。金利比較の他、諸費用やサービス内容の比較もどうぞ。
住宅ローンを借りる銀行を選ぶときの基本はやはり金利が安いということだと思いますよね?住宅ローン金利が安い銀行を探すのは意外と面倒ですが、ランキングや銀行比較のサイトを見るとすぐに金利が安い住宅ローンが見る駆るというメリットがあります!
www.jyutakukinriyasuiranking.com/